商標登録更新で多い疑問

商標登録の更新に関しての疑問をお持ちの方は沢山いらっしゃることでしょう。
例えば、弁理士に代行を頼んだりする場合、委任状などが必要であるか否か。
また、更新の期限が近づいた場合には、特許庁などから、知らせが来るのか否かなどです。
ここでは、更新にまつわる様々な疑問を紹介します。

委任状の必要はあるのか?

更新の際、弁理士に代行をしてもらうとして、委任状などの必要があるのかどうか。
こういった疑問は多いものです。
ズバリ答えをいえば、商標登録の更新の際に、委任状などの用意は必要ありません。
依頼をすれば、弁理士が代行してくれますから、一切手間は掛かりません。

更新の通知は来るのか?

さて、次に更新の際に通知などは特許庁から来るのかという疑問です。
商標登録の場合、基本的には10年の期限です。
5年分割したとしても5年間。
10年一昔という言葉がある通り、意外と長い期間ですから、ついうっかり忘れてしまうなんてこともあり得るものです。
そういった心配をしている方が多く、忘れてしまう可能性が高いから、通知などをしてもらわないと困ると考えている方も多いものです。
更新の通知は、6ヶ月前に出願人に通知されることになります。
代理人を立てた場合には、その代理人に通知がされますから、覚えておきましょう。
一括払いの場合には、10年ごと。
分割の場合には5年の有効期限になります。
いずれも長い期間の後ですから、忘れてしまうことも多いもの。
通知が来た時点で対処するのが一般的です。
このように商標登録の更新にまつわる疑問は意外と多いものです。
大事な商標権を失いたくないのであれば、最低限でもこのくらいの知識は身につけておきたいところですし、情報コンテンツを活用していきましょう。

関連する記事